--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-25(Mon)

円高が進んでいます。

東京外国為替市場の円相場10月25日の円相場は、一時1ドル80円41銭まで急伸し、1995年4月19日以来、約15年半ぶりの円高ドル安水準となっています。現在23時10分で、1ドル=80円台半ばで、円高が止まりそうもありません。
G20財務相・中央銀行総裁会議で通貨安競争の「回避」で合意になったため、日本の介入も見込みが薄くなってしまったため、さらにドル売りが進みそうな気配です。
断固たる措置も完全に口先だけのものとなっており、このまま行くと、東芝の佐々木社長が危惧している1ドル=70円という円高を想定しなければならないものとも思われます。

日本政府が2010年9月15日実施に踏み切った円売りドル買いの為替介入では、83円を割ったところから85円台に乗せるまで行われたわけなのですが、85円台を死守するものと思われていたところから、83円、82円と円高が進んでもそれほどの介入が行われた形跡がありません。
覆面介入しているのではという憶測もありましたが、やはり、焼け石に水の状態がわかっているためか、効果的な対策もみられないまま、ついに80円台に突入です。

過去最安値79.75円も目前で、75円を目指す動きに突入しそうです。ただし、ファンドがポジションを手じまいしているということもあり、円安方向に徐々に動くとの見方もでています。
介入があるとすれば、急激に1円の円高が進めば、ありうるかも知れませんが、このままの状況が続けば、徐々にとはいえ、75円割れになる可能性もあります。

前回の大きな介入では、もう少し頻繁に介入が行われそうな気配もあったのですが、世界情勢もあり、日本政府の介入は、かなりやりにくいともいえます。
介入期待のドル買いには要注意ということでもありますが、介入による急激なドル高に対処するために、ドル買いドル売りのいずれにせよ、逆指値も考慮しておくことをお勧めします。
スポンサーサイト
2010-09-17(Fri)

おひさ~♪です

なんか前回のブログ記事からご無沙~になってしまいました(^^;
天気予想では残暑が続くとみられていましたが、ここ2日は涼しい日になっていて、朝方はちょっと寒い感じもしています。
まだ、最高気温が30度前後の気温になる暑い日があったり、20度を少しを越える程度の涼しい日になったりと、寒暖の差が激しい季節の変わり目になっています。
体調を崩さないように、注意して頑張っていきましょう^^

最近特に気になる為替相場、日本の為替介入で円高の進行を阻止する動きがあり、米ドル/円で現在85.70円と介入前より3円程度円がドルに対して安くなっています。単独の介入の効果は限定的ともいわれていますが、現在のところ効果があって欧米ではあたふたしている様子も伺われます。
ドルがもう少し上がる気配もあるのですが、9月16日の介入はなかったようなので、予想としては85円を割れた時点で次の介入が行われると思われます。予想に反して90円を目指すのかは不明ですが、数か月間は日本の為替介入で安定感を演出するものと思います。
FXで利益を出そうとするなら、介入直前にドル買いしておけば、かなりの確率というか100パーセントの勝ちにつながると思います。次のチャンスがまた近いうちに訪れるかも知れません。
くれぐれもドル買いで仕掛けるときは、高値で買わないようにして、介入に期待しましょう。ユーロなども同じような動きになりますが、初めての方は米ドルから始めてみてはいかがでしょうか^^


SBI証券

SBI証券
ミニ 米ドル-円は1万円からはじめられます!
プロフィール

ponpokomick

Author:ponpokomick
ようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
話題の商品ご案内
薬用育毛剤
楽天売り上げNO.1
QRコード
QR
検索フォーム
クリック募金
JWordクリック募金
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ情報
ブログの紹介
お小遣い稼ぎ
CMを見たりゲームで稼ごう
CMサイト CMサイト
アニメCMを見るだけ
フルーツメール フルーツメール
トヨタの小型車が当たる
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
お財布にコインを貯めよう
GetMoney!
老舗のポイントサイト
げん玉
250万人が参加中
アンケートでお小遣い
アンケートに答えてお小遣い
iMiネット iMiネット
ライフメディアでアンケート
マクロミルへ登録
マクロミルでアンケート
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。